teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


速読法訓練の成果について

 投稿者:SI  投稿日:2016年12月 3日(土)15時11分54秒
  初めまして。
速読法修得キットを購入して約3週間、
そのうち何日かは休んでしまいましたが、
CDに合わせて速読と全脳速読の練習をしていた者でございます。
早速私が実感した成果を報告させてください。

日本語字幕のついた英語の動画を見ていました。
以前10ヶ月ほど前に同じ動画を見たときは、字幕の文字を目で追うのが精一杯で、
肝心の動画部分を見ようとすると話についていけなくなっていたのですが、
今回は、
字幕が出て来た瞬間、その字幕のかたまりごとパッと頭に入ってくる感じで、
もちろん動画もちゃんと見ることができて、
しかも、耳もよくなったのか、かなりの割合で話されている英単語も聞き取れるようになっていました…!
ちなみに、この10ヶ月間、英語の勉強はほとんどしていません。

すぐにこんなに成果が出て、とっても嬉しかったので、
思わず報告してしまいました。
耳も良くなる、と講座CDで先生がおっしゃっていたのは正直半信半疑だったのですが笑、
耳、良くなりました!!

これからも地道に訓練を続けていきたいと思います。
まずは報告とお礼を兼ねて、書き込みをさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
 

2週間。

 投稿者:佐野  投稿日:2016年 3月29日(火)22時28分18秒
  講座から2週間と少し経ちましたね。

久しぶりの淨潤先生の速読法講座。
私は今回、中等(第二部)のみ参加させて頂いたのですが、以前よりも格段に、自由にそして本質的になっているように感じました。
まさに、読書を通しての氣道ーー
今回の講座後は、自分の気の質をだいぶ明るくして過ごせている気がしています。
みなさまは、いかがでしょうか?

keijiさま、ご投稿もありがとうございます!
講座中のご質問は、本質を浮き彫りにして下さって、とても興味深かったです。

ご出席の皆さま、どうぞご遠慮なく、この掲示板を日記代わりにもご活用下さいね!
 

嬉しかったです。

 投稿者:淨潤  投稿日:2016年 3月19日(土)19時51分46秒
  keiji様
スミさんが言う通りで、皆のためにもとっても良かったです。
(私が言及したかったことを引き出してくれました!)
それより何より久しぶりにお会いできたことが何より嬉しかったでしたが…
(またお会いできる日を心から楽しみにしています。滝行?)

    …………………………

私にとっては久しぶりの講座でしたが、皆さんとっても心を開いてご受講されて下さり、とても嬉しく思っています。
この場を借りて感謝申し上げます。
皆さま、講座でも申し上げましたように(目の場合は)「目標」を持って、
『ご自分のできる範囲で』(CDなどを活用しながら)取り組んで頂けたら嬉しいです。
 

こちらこそ久しぶりにお会いできて嬉しかったです!

 投稿者:角川  投稿日:2016年 3月18日(金)18時44分4秒
  keiji様

ご投稿ありがとうございました!
お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

道場をお褒め頂きありがとうございました。
スタッフ一同とっても喜んでおります。

keiji様のご質問はとっても有難かったですよ。
先生から色々な情報を引き出すきっかけになって、
大変勉強&参考になりました。

こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。
また道場でお会いする日を楽しみにしております。
 

昨日の講習会ではありがとうございました!

 投稿者:keiji  投稿日:2016年 3月14日(月)07時49分50秒
  浄潤先生、スタッフの皆様、昨日はありがとうございました。
相変わらず、良い雰囲気の道場で(玄関など細かい部分での気遣いがちゃんと成されている)気持ち良く講習を受ける事が出来ました。
昔に受けた速読講習よりも、はるかにパワーアップされていましたよね。
最近Nスリープという短時間睡眠法(50万くらい!)の講座を受けていて眼精疲労と倦怠感に酷く悩まされていたので、昨日の目の疲れをとる数々の手法は大変役立ちました!
(まさに自分にとってタイムリーでした。)
また何かの講座でお世話になるかと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(質問を一杯して、皆さんのお時間をお取りして誠にすみませんでしたー!)
 

感謝

 投稿者:淨潤  投稿日:2012年11月 9日(金)17時44分59秒
  本当ですね。人生を感じます。
私たちが読んだ書籍の出会いや分かれもそうなのでしょうね。
BPさん、ご投稿感謝です。
 

懐かしくも

 投稿者:BP  投稿日:2012年 9月29日(土)14時31分43秒
  ひょんなことからここに来てみました。大変懐かしい。
他の掲示板がブログになったり、閉鎖?になったりとすっかり様変わりした中で、
ここは以前のようにTカップのサービスで残っている。

思い起こせば、ここで氣道の速読にいそしみ、仲間との出会いや別れがあった。
ここを独占しすぎて問題になりかけたことも。。。
今ここに来てみると、昔の私のようにアルファベット2文字の方が
何人か投稿されているではないか。

氣道の速読も、以前とはずいぶん変わったようである。
ひさしぶりに覗いてみたい気もするが、予定が合うかどうか。
そして今では速読メソッドもほとんど行っていないので、お恥ずかしい限りではある。
しかしあの頃皆と一緒に育んだことは、様々に今に生かされているとは思う。。

どうか皆さん、がんばってください。
 

8日目

 投稿者:KM  投稿日:2012年 8月28日(火)00時02分18秒
  毎日、目も良くなっている気がします。

家にある前から読みたかった本や学校の講義で使っている本が
どんどん片付いています。
 

5日目

 投稿者:KM  投稿日:2012年 8月24日(金)22時58分15秒
  佐野先生ありがとうございます。(^^)

最近、本を読むだけでなく、学校の講義の理解も早くなり、良くなりました。
色んなことが変わってきた気がします。
今日は、試験があったので、そこでも試してみましたが、どの問題から解こうか
判断も早くできました。

では、今日も速読を練習して寝ます。
 

ありがとうございました!

 投稿者:佐野  投稿日:2012年 8月23日(木)11時24分37秒
  KMさま、先日は速読レッスンおつかれさまでした!
そして、早速のお書き込み、ありがとうございます。

「速読法もレッスンで修得して頂ける」ということをあまり表に出していなかったこともあり、KMさまが初めてレッスンで速読を学ばれた方になりました(おそらく少なくともここ十年くらいの間では)。
KMさまとのレッスンを通じて、速読ってやはり本当に面白いんだなぁ、と思いましたし、本当に求めている方には大きな力になるメソッドだという思いを新たにしました。
私も新たに読書や「ものを見る」ということを楽しく行っていこうと思っています。

今後もこの掲示板を日記がわりにご活用頂けましたら嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します。

 

2日目

 投稿者:KM  投稿日:2012年 8月21日(火)22時30分41秒
  2日目です。今日も目の準備や心の準備をし、やってみました。
昨日インプットして寝たので、今日はアウトプットを行いました。
昨日より行いやすかったです。だんだん慣れてきました。
なるべくめがねをはずしています。
 

今日は

 投稿者:KM  投稿日:2012年 8月20日(月)20時47分43秒
  佐野先生、昨日はありがとうございました(*^^*)
今日も、自分の課題に書いた文章の推敲で昨日の教わったことを実践してみました。
読むのがすごく早く終わりましたし、読むだけではなく、書くのも
書く内容が浮かびやすくなったような・・・。
 

再度ご協力を

 投稿者:翔犬社メール  投稿日:2011年12月16日(金)17時35分31秒
  吉川友梨ちゃん捜索の輪!!
このサイトは大阪府熊取町で行方不明になっている女の子の捜索に対し
情報提供を呼びかけるサイトです。皆様ご協力をお願いします。
大阪府泉南郡熊取町立北小学校4年生吉川友梨(ゆり)ちゃん(当時9歳)が、
2003年5月20日午後3時ごろ、下校途中に七山地区内で行方不明となっています。
些細な事でも結構ですので
皆様からの情報をお待ちしております。
翔犬社
http://www3.ocn.ne.jp/~tobiinu/info4.html

http://www3.ocn.ne.jp/~tobiinu/info4.html

 

「勘が良くならざるを得ない」速読法

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 4月 9日(土)13時36分51秒
  今回リニューアルした講座で、私が特に感じたのは、
act2の部分が、「気軽に・楽しく訓練できるようになっている」こと、
そして「講座中に紹介された方法で訓練していれば、自ずと勘が良くならざるを得ないだろう」ということでした。

触れて感じる、そして読む。左脳だけに頼らず、第六感的なものや無意識を信頼し、統合していく。
一日に短い時間行うだけでも、一定期間続けることで、自ずと変化せざるを得ないようなシステムになっているように思います。

――と言いつつ、私自身は1週間ちょっとで一度途切れてしまっているのですが…
もう少ししたらまた楽しみながら再開してみようと思っています。

他の受講生の皆様、近頃は如何でしょうか?
この掲示板は、ぜひ日記代わりにお気軽にお書き込みくださいね。お待ちしております。
 

HO様、ありがとうございます!

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 4月 9日(土)13時31分48秒
編集済
  HO様、先日の講座お疲れさまでした。また、お書き込み下さいましてありがとうございます!
コメントがすっかり遅くなってしまいまして申し訳ございません。

速読法を活かしていらっしゃるご様子… さすがですね。
私は今回の講座を受講させて頂き、改めて「速読」ということを考えると、やはりHO様や長谷川先生のように、「読書で何を得るか」のモチベーションがハッキリしていることがとても大切なのだろうな、と思っておりました。
読みたいと思い、純粋な興味を持って本に触れ、本に注意を注ぐこと。
その上で、「腹八分目に抑えること」。
本当にとても大切なことですよね!
(先日、夜中に自宅の片付けをしていたら、思わず大掃除に突入して収拾がつかなくなりそうになり、「いけないいけない、腹八分目…」と自制して、何とか事なきを得ました(笑)。
 腹八分目というのは、人の心を考える上でとても示唆的なことだと思いました。)

また、TOEICへの応用も、教えて下さってありがとうございました。
「バラバラ」ができないものでも、インプットするとかなり違うのですよね。
それにしても、そこまでの点数アップは素晴らしい…
私も改めて様々なものに応用してみようと思いました。

また何かお気づきのことなどありましたら、お気軽にご投稿下さいね!
ありがとうございました。
 

補足ながら・・・

 投稿者:HO  投稿日:2011年 3月23日(水)22時37分3秒
  そうそう、速読法を身につけたことで、自然とTOEICの点数が上がりました。
ご存じ、TOEICはリスニングとリーディングがありますが、受講前の私にとってリーディング100問を
1時間で解くというのはかなり試練の技でした。
(毎回、時間が足らず、最後の5問~10問はいつもマークシートを適当に塗ってました)。

しかしながら、速読法講座受講後の最初の受験で、試験の最初に流されるインストラクション放送の時に、
テスト問題を逆さにしてリーディングの長文をすべてインプットしたら、
なんと!その受験の回に初めて1時間以内に100問全部解き終えました!!
当然ながら、日々の英語習得の努力もありますが、それでもあまりのスピードの変化に自分でもびっくりしました。

あれは本当に感動でした。もちろん、その甲斐もあって、ちょうどのその回で生まれて初めて
TOEICの点数が600点を超えました。今となっては懐かしい思い出です。

その後、全脳速読の効果と継続的な英語学習によって、いまや900点弱まで点数がジャンプアップ。

やっぱり速く読めるというのはかなり強いですし、自信になっています。
 

初書き込みです。

 投稿者:HO  投稿日:2011年 3月23日(水)22時23分44秒
  3月20日(日)に行われた速読法講座のAct2(中等)に出席しました。
3年前に全脳速読法講座に出て以来でしたが、自分の中でいろいろな気付きががあってとても有意義でした。

思えば、3年前は必死に毎日1冊を目標に本を読み、結果的に4カ月弱で100冊読破したあの頃の自分が
走馬灯のように蘇ってきます。

あれ以来、全く練習していませんでしたが、久しぶりに講座の中でインプット、アウトプットをしてみて、
全然スピードが落ちていないことが分かって、正直ホッとしました。
逆に、メトロノームが鳴り続ける中で、他の受講生よりも圧倒的に短い時間で1冊の本を
読み終えている自分に「やっぱり100冊の特訓の成果かな」と少し自信にもなりました。
(決してスピードを競っているわけではありませんが)

長谷川先生も仰ってましたが、2回目の受講で確信したのは

『読書のコツはいかに腹8分目に抑えるか』

ということでした。
いいことが書いてあっても、それはそれとしてさらっと流しておくのが大事なんですよね。
そうすると、もう1回読みたいと思って、結果的に印象に残り続ける。。。

奥が深いっすね、読書って。

 

あけましておめでとうございます

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 1月 1日(土)20時40分13秒
  速読法掲示板をご覧の皆様、あけましておめでとうございます!
今年が皆様お一人お一人にとって佳き年になりますようお祈り申し上げます。

横浜道場では現在、【氣道の学校】(高等・空の学校)の真っ最中…。
その中で、下にスミさん(角川)が書かれている「周囲の風景が後ろに流れている」というワークや、「余白を見る」などの本の読み方を例に挙げたレクチャーがありました。
速読と瞑想(&能力開発)は本当に密接に結びついているのだな、と改めて思いました。

今年は3月に速読法の中等も予定しておりますので、皆様どうぞお愉しみに!
 

歩行中に…。

 投稿者:角川 彰弘  投稿日:2010年12月 8日(水)22時18分39秒
  11月の「速読法講座(初等)」にご参加の皆様その後の成果はいかがでしょうか?

1ヶ月過ぎましたが、20分プログラムを続けている方はいらっしゃいますでしょうか?
ぜひ皆様の成果や変化、ご報告のお書き込みをお待ちしています!

私は最近特に速読を意識していなかったのですが、11月の講座で先生がおっしゃっていた、歩行時に前に進んでいるのではなく、自分はその場で足を動かしているだけで、周りの風景が後ろに流れている感覚を味わうことが数回ありました。

学習したことは潜在意識が忘れないのでしょう。生活の様々な場面で活用できる速読法を身に付ける喜びを皆様とぜひ共有したく、願っております。
 

愉しい講座でしたね!

 投稿者:ゆう  投稿日:2010年11月 5日(金)20時08分59秒
  11月3日の速読法講座にご参加の皆様、おつかれさまでした!
とても愉しい講座でしたね。

そしてMショコラ様、早速のご投稿ありがとうございます。
そうですよね。
私もいつも講座後は「全脳速読法」のトレーニングをすることが多かったので、今回は原点のトレーニングをじっくり行えるのがとても愉しみです。

今回の講座は、速読以外にも応用できる集中のコツや色々なポイントが掴めて、スタッフでありながらとても新鮮で面白かったのですが、
特に、講座終盤の測定で読書スピードが上がっただけではなく、「文字と自分の距離感」がぐんと縮まった感じがしたのが印象的でした。
また、今回はじめて、自分の読み方の癖に気が付いたところもありました。
(均等に視線を滑らせているつもりでも、全然均等じゃないのですね!)
しばらく行ってみると、「見る」という感触や、「目」との付き合い方がずいぶん変わってきそうだな、と思っています。

それではMショコラ様、皆様、またのお書き込みを楽しみにしております!
 

ありがとうございました

 投稿者:Mショコラ  投稿日:2010年11月 3日(水)23時37分13秒
  本日の講座に参加させていただきましたMショコラです。
長谷川先生、スタッフの皆様、本日はありがとうございました。
久々の速読講座、とても新鮮で、楽しませていただきました。
(4度目の受講と思っていましたが、実は5度目であることが判明!)

今までは受講後は後半で教えて頂く速読法を行っていたので、
いつもはたしてこれでいいのか・・・ちゃんとできているのか・・・
というような???が心に残ることが多かった気がしますが、
今回はまさに基本の部分のみを教えて頂いたので、
できてる・できてない・・・ということも全くなく、
気楽に自分のペースですすめられそうなので、
とてもわくわくしてます。
早速有燐堂本を購入し、帰路につきました。
といっても帰りの電車の中は熟睡でしたが・・・

3週間続けてみます。

これからもよろしくお願いいたします。
 

お疲れさまでした!

 投稿者:淨潤  投稿日:2010年11月 3日(水)22時42分26秒
  久しぶりの、ここへの投稿である。

今日は、初めての速読法講座「初等」であった。

もとより、この「初等」の内容が、今までの速読法講座であったわけだから、
原点に戻ったということでもある。
そして、その原点の講座を、今日は久しぶりに行ったというわけだが、

その後に「全脳『速読法』」も創って、その上で原点のみの講座(今日の初等)
を行うのと、
それまでの、それしか無かった時というのでは、当然ながら、やはり感慨が違う。

(今日いらした方で言えば、お渡ししたプレゼントCDの「目の学校2」は、
 まさに、それ(以前の速読法のみしか行っていなかった時の講座)に当たる。)

感慨は違えども、
懐かしさと共に、やはり原点であり、
ここから中等に向け、花開くうれしさも感ずる。

ここでは、暫く「ぃC’z」さんが投稿して下さっていらした。
ほんとうにうれしい。
ぃC’z  さんほど、L1(腰椎一番)の可動性がいい上下型はあまりいない。
地球人には勿体ない程に、上下型なのに柔軟な良い頚である。

ほんとうに有難いコメントをうれしく思うと共に、
これからは、皆さんも、遠慮なく投稿して欲しい。

質問に関しては、今日申し上げたように、お渡しした資料にあるものは割愛して戴けたら幸いであるが、

このサイトを、日記代わりに使って下さって、全く構わない。
(かと言って、「今日は、○○さんとカレーを食べました。」だけでは駄目ですぞ。
  速読の研修結果という意味での、
 『速読日記』ですぞ。)

今日の講座でも、
「速読風呂」というのがあるらしいので、
内容は、
「今日読んだ本は○○、うーん、理解度C」とかでもいいので、
どうぞ、このページを活用してくださいませ。

私も明日から出来得る時は投稿しようと思っています。

どうぞ、皆さんよろしくお願いします。

(あ、門限の10時半を過ぎてしまった。すぐ退出します。
 注/門限があるのです。
 ではでは、また明日以降!
 みなさま、どうぞ速読日記その他よろしく!)
 

「春を迎える」ということ

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 3月31日(水)23時59分3秒
編集済
  昨年の秋から冬にかけて、そして現在に至るまで全脳速読法と
共に過ごしてきたこともあり、
一月から三月の間は、「春を迎える」ということを、
心身のダイナミックな変化をもって、頻繁に感じていたように思います。

また、その変化の大きさには、少々驚きもありました。


簡単に振り返ってみますと、

・一月:
心身の変化が顕著にあり、よい一年のスタートとなる。
講座受講後90日目が経過。

特に後頭部が動くような感じ
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/453

がして以降は、

「挟む」)→「つながる」「削ぎ落ちる」
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/455
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/465

というような、「本を読む」ことが、より直接的に身体の変化へと至ることを実感する。

「遅読」の重要さに思うことも多くあった。


・二月:
本格的に全脳速読法の訓練を開始してからも、90日が経過する。
自動運動を無性にしたくなることが増え、運動の出方にも大きな変化があった。

『男本』を拝読し、

「"操点"としての速読」
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/474

という捉え方の可能性を思う。


・三月:
二月と同様に、自動運動を無性にしたくなることが増える。

体調を崩し、個人指導をお願いしてからは、
「楽しい」「ワクワクする」といった気持ちで過ごすことが多くあった。


今後も、様々な感覚を味わえることを楽しみにしたいと思います。
 

全脳速読法と『男本』のあいだ

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 3月18日(木)23時58分37秒
編集済
  全脳速読法の訓練を通じて、最も重要な身体感覚は、
眉間の力み(="閉じている"という感じ)であったのだろうと思います。

特に、

"挟む"
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/444
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/445
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/455

から、
"つながる"
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/456
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/457
http://8505.teacup.com/sokudoku/bbs/465

の過程で浮き彫りとなり、
そしてその力みが"抜ける"(="開く")感じへと至ったのでした。

ところで、
以前に眉間と水落の状態の関係について、お話を伺ったことがありました。

そして、水落の状態と聞いて真っ先に思い起こされるものと言えば、
自動運動の誘導法の一つである、邪気呼出法となるでしょう。


『男本』の中では、

  本当は自動運動愉氣を行ってもらいたい(p.81)

とありましたが、同時に、

  上下や前後という得意なところから攻めていって(p.31)

とも綴られております。

また、現代人の

  腰がヘナヘナだからこそ、こういう世の中になった(P.79)

という時代的背景もあり、氣道の実践を「焦点」(P.21)とした場合、
何らかの入り口=「操点」(P.21)が必要とされている
ようにも映ります。


以上を踏まえますと、
全脳速読法は、単に本を速く読めるようになることに留まらず、
眉間→水落の関係にあるように、身体感覚=体の変化にまで行き着く
ものであり、上記のような要請に十分応じられる
との思いがいたします。

ひょっとすると、
"「操点」としての速読"こそが、全脳速読法ならではの特長・本質なのかもしれません。


遅ればせながら、新刊の発売おめでとうございます。
大変興味深く拝読しました。
 

こちらも90日経過(113日目/92日目)

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 2月22日(月)22時50分51秒
編集済
  3週間後プレゼントのCDをお送りいただき、
本格的に全脳速読法の訓練を始めてからも、一昨日で90日が経過いたしました。

"訓練"というかたちでは、
ここで一応の区切りとしようと思っております。


今後も、更なる身体感覚の変化へとつながるよう、
全脳速読法を活用し続けて参ります。


どうもありがとうございました。
 

「遅読」に思う~その6(102日目/81日目)

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 2月11日(木)23時57分37秒
編集済
  先のエントリーで少し触れましたが、
2月9日に、小西甚一氏の著書『古文の読解』がちくま学芸文庫より
復刊されました。


まだ少し「簡読」をしただけなのですが、
長谷川先生のお話につながる記述を、しっかりと見つけることができました。


氏が主張される"遅く読むことのすすめ"は、訓練を継続していく上においても、
大いに役立ってくれるものと思われます。
 

角川先生へ

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 2月11日(木)23時23分53秒
  拝見するのが遅くなり、申し訳ございません。
掲示板にもコメントを頂戴し、大変恐縮いたしております。


>お詫びされるような事は何もなさっていませんよ。
>自由に書き込んでくださって良いのです。

自分のエントリーを読み返し、氣になっておりましたところ、
このようにおっしゃっていただけたことで、安心いたしました。


折をみて、
また書き込みをさせていただきたく存じます。

ご投稿ありがとうございました。
 

ぃC’z様、90日達成おめでとうございます!

 投稿者:角川 彰弘  投稿日:2010年 2月10日(水)00時03分10秒
  ぃC’z様

90日達成おめでとうございます!

凄い体験をなさって、速読そのものの深まりと同時に、速読を通して身体感覚を深めていらっしゃるぃC’z様の投稿をとても楽しみに拝見しておりました。

ぃC’z様は、お詫びされるような事は何もなさっていませんよ。自由に書き込んでくださって良いのです。他の受講生の方々も、ぃC’z様の投稿を楽しんでいらっしゃったと思います。

また機会を見つけて深化の過程を投稿していただき、拝見したいと心より願っております。

次回の投稿をお待ちしています。
 

90日経過(90日目/69日目)

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 1月30日(土)00時58分38秒
編集済
  昨年の10月31日に「全脳速読法」講座を受講させていただき、
翌日の11月1日から訓練を開始し、昨日で90日目を迎えました。

淡々と行ってきたこともあり、
実感としては、あっという間であったような氣がいたします。


そして、
この場をお借りして、お詫びを申し上げたいと存じます。

長期間にわたる掲示板への投稿により、
他の方々が質問や日記等でのご活用をしづらい状況をつくってしまい、

また、
会員用掲示板とは特性が異なるため、常に自重を心がけたつもりでおりましたが、
訓練内容についての書き込みが多くなってしまったように感じます。

大変申し訳ありませんでした。


これまでの投稿は、
日々の訓練内容を記録・整理したものというよりは、
速読という"状態"に至る過程で、私から"削ぎ落ちた"断片的ものにすぎません。

ですから、
もしこの掲示板をご覧になり、「全脳速読法」にご興味をお持ちになられた方が
いらっしゃったならば、
実際に講座を受講されるか、視力回復&「全脳【速読法】」 完全修得キット
お求めいただくことで、「全脳速読法」の全容を知っていただけたらと存じます。


最後に、
非常に濃密な体験をする機会を与えてくださった、
長谷川先生、スタッフの皆さまに改めて感謝申し上げます。

ありがとうございました。


追伸:
連続でのエントリーは今回で終了いたしますが、
「三週間後プレゼントCD」をいただいてから90日が経過するまで
まだ日数がありますので、訓練は継続いたします。

その間、またこちらにお邪魔させていただくこともあるかもしれません。

よろしくお願いいたします。
 

「遅読」に思う~その5(89日目/68日目)

 投稿者:ぃC’z  投稿日:2010年 1月28日(木)23時09分2秒
編集済
  小西甚一氏の著書『中世の文藝―「道」という理念』(講談社学術文庫,1997)の中で触れられていたこともあり、
また型(稽古)としての「遅読」についての理解を深めるべく、
ここ暫くは世阿弥に関する本を追っておりました。


「型」と聞くと、多くの場合「守破離」と結びつけられる傾向にあるように
思うのですが、
「遅読」を行う者としては、「序破急」も大いに示唆に富んでいる
氣がいたします。


とりわけ、
伝書をひも解き、「稽古」という枠組みの有り様を浮き彫りにしようと試みた、
西平直『世阿弥の稽古哲学』(東京大学出版会,2009)や、

「序破急」について、
過去と未来が、働きとして現在=中心に向かうという時間構造を説いた、
山崎正和『演技する精神』(中公文庫,1988)等は、参考になるのかもしれません。
 

レンタル掲示板
/17